Menu
noborders3.com
noborders3.com

信州からの投げ釣り

2019/04/15

花見カレイ狙い in 上越

花見ガレイのシーズン到来!
カレイはGW過ぎまで狙えるけれど、私はここで打ち止めにして、本来のキス釣りに戻ります。
というわけで、シーズンラストのカレイを狙いに、新潟県上越へ。

市振漁港(新潟県糸魚川市)

新潟と富山の県境にあり、上物から寝魚まで多種多様な釣りができる漁港です。
小さい漁港ながらもいつも賑わっているので、私はめったに竿を出しませんでした。ちなみに周辺の海岸はゴロタ石の海岸で、キスは釣れますが根掛かりの覚悟も必要。湾内は直下の置石を避ければ根掛かりはほとんどないかな。

当日は小潮、ほぼ海に動きがない中、船道の潮目を狙って投げ込みました。緩やかな上げ潮のピークとなった9:00前後まではアタリが多く、餌もすぐなくなります。

控えめなアタリとともに、本当に久しぶりにカレイが釣れました。それもダブルで。小さいですがマガレイです。よかった、これで気持ちよくキス釣りに移行できる!

さらに、隣で釣っていたチヌ師のおっちゃんがホッケをくれました。美味しい魚なのに、やはり黒鯛以外は外道扱いなのですね。カレイが小さかったので、合わせ技で腹を満たすことができますw感謝!

10:00を回ったあたりで潮止まり、それとともに餌も全く減らなくなりました。本当にカレイは地合の魚ですね。

黒井堤防(新潟県上越市)

翌日もめちゃくちゃ暖かく、人気の黒井第一堤防は人だらけ。なので、根元がテトラで進みづらい第二堤防で投げました。ところが、カレイの置きザオを揺らすのはキス。活性が高いようで勝手に食ってきます。となれば、もうカレイはいいや、キスにしよう!と、サビいてみたら普通に釣れます。しかも比較的型も良い。昨日の餌の残りを使い切る短時間だけやりましたが、十分に楽しめました。最初からキス狙いで来ていた方は結構釣れたんじゃないでしょうか。
GW前は例年、早春キスのポイント探しで苦労しますが、今年は幸先が良かったです。

マガレイ・ホッケ・キスと、久しぶりにクーラーボックスが重くなりました。それらは、煮付け・塩焼き・天ぷらに変わりました。

Comments list
  1. B・Y より:

    狙い通りにカレイを釣り上げるのはさすがです。マガレイって釣ったことないんですよね。マコガレイと違うんですよね(違いのわからない男)‌

    黒井はキス釣れてますね。そろそろ出かけてみようかな~

    • noborders3 より:

      >B・Yさん

      こんばんわ!
      多分、裏面(白い方)の尻尾付近に黄色い帯のあるのがマガレイかと。カレイは個体差もあるんで断定しにくいですけど・・・
      煮付けにしたら、美味かったですよ!

      でも、やっぱり釣り味はキスの方が面白いですけど。

コメントする