Menu
noborders3.com
noborders3.com

信州からの投げ釣り

2012/08/05

能登半島周遊、夏の投げ釣り遠征

お盆前の連休を使って、能登半島に行ってきました。
朝晩は投げ釣り、日中は海水浴って感じで夏休みを堪能してきました。

能登半島北東を巡る

鉢ヶ崎海水浴場

blog_import_56e108d44e04c
blog_import_56e108d46869c

初日、8/3(金)。石川県珠洲市蛸島町にある「鉢ヶ崎海水浴場」です。
ここは海水の透明度が有名な場所です。メジャーな海水浴場ですが、今日は平日ということもあってそんなに混んでいません。炎天下、無料駐車場から頑張って歩き、遊泳ポイントを避けた場所に陣取ります。
残念ながら曇りですが、確かに白浜だし透明度は高いキレイな浜でした。

blog_import_56e108d49f35b

今日は珍しくウッドシンカー(27号)&サーフ天秤で投げました。
俺がヘタクソなせいだけど、昔使った時にこの天秤はデルナーよりも絡むことが多くて敬遠してました。絡むといっても釣れた場合のみなので、サビキ方を工夫すればいいハズ。
今回はアタリを楽しみたくて持ってきました。と、開始早々にアタリ連発!
小振りながら連で掛かりまくります。近場はフグだらけでしたが、5-3色ぐらいでコンスタントに釣れました。
今回の釣行は、どこの場所でもめちゃくちゃ釣れましたが、型は15cm前後がメインとなり、良型が少ない結果でした。この場所でも小型は釣れすぎるぐらい釣れます。3日間の遠征なので保存性も考えて「生きていれば15cm以下は全てリリース」という自分ルールを決めました。
結果、この場所ではキープは4匹。まぁ、数釣りが楽しめました。

大川浜

blog_import_56e108d4d637a
blog_import_56e108d518fbd

次に訪れたのは、石川県輪島市町野町の曽々木海岸にある大川浜。
夕方からサンセットビーチを楽しみつつの釣りです。
ここには先客がいたので状況を伺ったところ、やはり数は出るがサイズは小さいとのこと。鉢ヶ崎同様、近場はフグ、4色以上のポイントで連掛かかりしました。
2時間ほどやったところで初日は納竿。
先客のベテランっぽいおっちゃん、がまかつのサーフサイドIIのような緑色の並継ぎ竿を持ってたんですが、なんていう竿だろう?釣り場で初めて見たので気になります。

輪島から西回りで下る

2日目、8/4(土)、凪の晴天。場所は輪島市。
最初は市街地近くの「袖ヶ浜海水浴場」を狙っていたのですが、訪れてみると砂浜に岩が点在しており、根掛かりがキツそうなので回避しました。で、迷った挙げ句、輪島の「マリンタウン」で堤防投げをしました。

輪島マリンタウンと港内

blog_import_56e108d54f136

朝6時ぐらいですが、日射がすごい。
風もないので、座っているだけで汗が滝のようにでます。
ここでは以前も竿を出したことがあり、その時は良型のキスも釣れましたが、今朝は前日からの濁りがありキスが渋い。投げてもアジやらチャリコやらが釣れてくる。地元のおっちゃんの情報によると、射程範囲の水深は以外と浅く、5-6mぐらいらしい。
こんな状況の日は、無理に外海を狙うよりも、すぐ西側の小さい船着き場の桟橋から湾内を狙った方が堅いとのこと。ここはアドバイス通りに場所を移動してみました。

blog_import_56e108d586653

ちょい投げしかできない小さい湾内でしたが、柔らかい藻があるぐらいで根掛かりも無し。船道を狙うも反応はなく、湾の真ん中を狙うとアタリが連発しました。
すげぇ、おっちゃんの言う通りだった!
・・・が、乗ってこない・・・
近場のせいなのか、水深が浅いからなのか、アタリは大きい。そうこうしているうちに、ようやく釣れたキスは20cm!この旅初の20cmオーバーの魚体を確認できました。
1時間半ぐらい投げましたが、15cm以上がポロポロ釣れて楽しい釣り場でした。ファミリーフィッシングにおすすめ。

門前町の砂浜

blog_import_56e108d5bd6b0
blog_import_56e108d600a78

その後は暑さを避けつつ観光がてら半島をぐるりとまわり、何となく景色がキレイな海岸に立ち寄りました。輪島市の南方西側の門前町の海岸です。
細やかな砂と開けた景色が印象的で、川の流れ込みが釣果を期待させる場所でした。異常にキレイな場所なのに人がまったくいないのは何故だろう?と不思議でした。
確かに泳ぐ分には最高の場所でした。
・・・が、釣りは・・・・最高にフグだらけでした。全色でフグが速攻できます。しかも巨大なヤツらが・・・
釣りはあきらめて、しばらく遊んでました。

羽咋市の千里浜

blog_import_56e108d637cc9
blog_import_56e108d66eb12
blog_import_56e108d6a4bd7

その後、夕方の千里浜に到着。今年は千里浜によく来ます。
千里浜北端の国道にある「つり具センターあさの」で情報を聞いたところ、キスが釣れるのは100mぐらい先とのこと。実際、7-4色間では瞬時に全ての針に掛かってきました。サビく暇もないぐらい着水とほぼ同時に掛かってきてますw
で、あっというまに30匹程釣りました。
餌はジャリメとチロリですが、正直なんでも釣れますw
が、近場ではほとんどセイゴが釣れてしまう・・・2色圏内ではキスがかかったのはほんの数匹。ほぼセイゴorフグです。
この日は手元が見えなくなるぐらいまで釣りを堪能し、そのまま車中泊。

3日目、8/5(日)、晴天多少風あり。
10時ぐらいになると海水浴客でいっぱいになり、投げ釣りは危険になってきます。海水浴シーズンど真ん中の千里浜ってこんなに混み合うんですね。いつもシーズン外に行っていたのでちょっとビックリしました。
この日の釣りも前日と変わらず遠投有利でした。混んでくるのと同時に、遠征3日目の疲れがどっと出てきたので、昼前には温泉&昼寝タイム。
さすがに3日間、車中泊しながら炎天下で釣りをし、飽きると海水浴という生活をしたため満身創痍ですw
くたくたになるまで夏を満喫しました。
肝心のキス釣りに関しては、小型や生きているのは相当数リリースしまくったけど、結局70匹ぐらいの持ち帰りになりました。
数釣りが楽しめたので、次回はサイズアップを狙いたい。

タックル

PROCASTER33-405、Z45赤、PE0.8、デルナー27号、市販仕掛け、ジャリメとチロリ

コメントする