Menu
noborders3.com
noborders3.com

信州からの投げ釣り

2016/05/06

Z45、再オーバーホールから帰還

こんなこともあるんですね。
4月の釣行で違和感を感じたトーナメントサーフz45(Red)ですが、1月にオーバーホールに出しての初釣行で異常なゴリゴリ音を感じて再度オーバーホールに出していました。
通常より長めの期間かかったので残念ながらGWの釣行には連れて行けませんでしたが無事戻ってきました。
ですのでGWはお古のリールでキス釣りを頑張っていました。
35v
コスパに優れた35v(旧式)です。

で、何が原因だったかは正直レポートではわかりません。
reso
レポートによると、クリアランス調整とピニオン+Dギアセットの新品交換を無料でやって頂きました。
高価なパーツの無料交換ということでありがたいのですが、もともと異音など全く無かったですし、お任せでのフルメンテコースから帰ってきた上での再交換なので、若干原因への疑問は残りました。

わざわざブログでこの記録を綴るのはメーカーオーバーホールへの文句ではありません。
ちゃんと対処してもらったので問題ないですし。
しかし、プロによるメンテサービスを利用しても万全とは限らないので確認をしっかりとする必要があるということを今後の自分を含めて注意喚起として記録しておきます。
特に今回は店頭引渡し時のハンドリング程度では違和感はわからず、実釣でテンションをかけて初めて気がついたので、その辺りまで注意が必要なのだと感じました。

とにもかくにも、夏のシーズン本番前に問題解決したのは良かったですし、取り扱い店舗さんからメーカーさんまで誠意ある対応をして貰えるのがわかって安心しました。
なんか嫌な投稿になってしまいましたが、釣り情報としては発信の意義を感じたので掲載しておきます。

早く復活したリールで投げたいっ!
z45_oh

コメントする