Menu
noborders3.com
noborders3.com

信州からの投げ釣り

2017/06/19

試行錯誤も、貧果だった上越

6月も下旬に差し掛かるというのに朝晩寒すぎ!
そのせいなのか上越での投げ釣りも激渋でしたが、渋いおかげで色々と試行錯誤できる釣行となり、充実はしました。

糸魚川市の百川海岸


土曜日は強風のため東側はサーファーだらけ、西側には釣り人がポツポツと居りました。
ここはめったに濁りが入らない場所なので竿を出しましたが、アタリが全然出ませんでした。
粘っていると、3連、2連と、釣れだしはしましたが、

うーん、サイズがよろしくない。最大でも17cm程度。

その後海岸が珍しいことになっていることに気がつきました。

写真手前の私が釣っている海岸西側は広い砂浜のままですが、奥の東側は砂浜が波でえぐり取られて舗装された階段床だけになっています。
何が珍しいって、人工リーフが入るまではずーっと東西逆の状態だったからです。
砂浜保護の工事は侵食場所を逆にしただけの結果になっちゃったの?と、心配しています。ふんばれ百川海岸!

今回はどの場所でも、ピン〜15cm前後が中心で数も伸びませんでした。
また、4色で釣れたかと思ったら波口でしか釣れなくなったりとポイントらしいポイントもなく、小さい群れを偶然拾うしかない状況。
例年、わりと良いサイズが掛かる時期なのにおかしいなぁ。

上越市の谷浜、柿崎中央海水浴場


日中の天気だけは良いので、夏景色を求めて谷浜へ。
もう海の家を作り始めています。
昨年同時期に良型が釣れた遠浅の海ですが、この日は風の影響をうけて沖の方まで濁りまくり。一応投げましたが、全針に流れ藻が付いてくるので一投で退散しました。

土曜夕方と日曜朝に訪問したのは柿崎中央海水浴場。

4色弱あたりでピンギスが時折かかりますが、テンションの上がるアタリは来ず。
それどころかこの日、4色-5色ポイントで強固な根掛りがほぼ必ず発生、着水と同時に天秤ごと何かにキャッチされてしまう状態でした。
網入ってる?ブイも船もいないけど・・・うーん原因は不明ですが、力糸から先を2回ロストした時点で納竿としました。

ゴーセン砂紋8ブレイド投

前回ラインブレイクした道糸を新調、「ゴーセン砂紋8ブレイド投」を購入しました。

まぁ、スプールに巻いた写真見てもまったくわかりませんけど、PE8本綴りの道糸とのこと。
何度も投げ込んでみた感想ですが、飛距離や耐久面の劇的変化は正直わかんないけど、以前の砂紋シリーズより明らかに静音になった!糸の放出もリーリングも糸鳴りも。これって地味に気持ちイイです。

新調した道糸の試しがてら、じっくりと投げ練習も実施。
最近、通常投げの飛距離が落ちてると感じていたので軌道修正です。
いつのまにかスリークオータースローの投擲角度がおざなりになっていたことを再確認し、基本に忠実なフォームと体運びに戻しました。

Comments list
  1. cantemoron より:

     時折、拝見させていただいております。

     私も、信州の住人です。投げ釣り始めて20年にならんとしますが
    ヘボのままです。釣行エリアは富山県東部から新潟県柏崎付近まで。
     お会いしましたらよろしく。
     「晴釣雨読」のステッカーが貼ってあります。

    • noborders3 より:

      > cantemoronさん
      コメントありがとうございます!
      「晴釣雨読」って想いが伝わるイイ言葉ですね。

      同じ環境の方に読んでもらえているのは嬉しいです。海がないからこそ海釣りを好きでいる感覚は独特ですよね。
      こちらこそ、それらしき人間を見つけたらお声がけください!

コメントする