Menu
noborders3.com
noborders3.com

信州からの投げ釣り

2011/04/11

新投げ竿デビュー戦、惨敗

PROCASTER念願の筆おろしに新潟へ。
あ、最初に行っておきますが今回坊主です・・・・・・・・・・
移動と寝る以外はとにかく投げまくりましたが、やっぱキスはまだ早かったかぁ・・・
早々にそれに気づいたので、各所の様子見と投げ練習をしてました。
土曜日、天気予報は終日雨。しかし、はやる気持ちは一縷の揺るぎも無く出発。
雨を避けて釣るので、車横付けポイントか雨よけのあるポイントへ。
よしっ、久しぶりに親不知にいこうか。
blog_import_56e1089a465d9blog_import_56e1089a7635c

ここは高速の高架下で釣りができる。行くのは実に2年ぶりぐらいかな。
昔は漁港から外向きに投げてカサゴやホウボウを釣ってたけど、数年の工事を経て巨大な風よけ堤防が完成。それに伴い堤防では釣りができなくなりました。そういえば昔はここでイナダ釣ってたなぁ。面白い釣り場だったのに、残念。
高架下には雨なのに釣り人も数人いる。BBQやってる強者も・・・
運良く投げ易いコンクリ足場が空いており、波しぶきを避けながらPROCASTER初キャスト。
が、初キャストが根掛かり・・・
その後は何とか釣りになってはいたものの生命反応は皆無。
しかしそれ以前に、どうしてもテンションがあがらない要因がこの釣り場の左手にあるのです・・
「競りのマグロ?」に酷似した巨大な魚の死骸が・・・
よく見ると・・・イルカ・・・無惨な姿で流れ着いていました。すごく痛ましい可哀想な状態です。
イルカってなんか特殊な存在感あるじゃないですか。その死骸の横で遊んでいるのがどうしてもいたたまれない。よって、雨が弱くなった頃合いを見計らって移動しました。

いきつけの百川海岸です。
blog_import_56e1089ac5ce9
移動を追うように雨が降ってきました。
小雨の中、ひたすら投げるもフグもこない。
さすがに諦めてコンビニで雨宿りをしていると、16:00ぐらいに雨がやみました。
キスの気配が無いので「カレイでも狙うか」と浦本漁港に。
blog_import_56e1089aebe36
浦本はカレイの話を良く聞くのですが、俺自身はここで釣果出たことがありません。
そして予想通り全く無反応・・・
まだ日没まで時間があるので、近くで投げ連をすることに切り替えました。
結局1時間半ほどひたすら投げてを繰り返しました。
おかげで、その日の夜は腕がパンパン、肩も腰もボロボロです。

blog_import_56e1089c23e85今回、初の並継竿、初の33号ということで、浦本以降もかなり投げ連をしました。
最終的には仕掛け付けずに投げては巻きを繰り返していました。
俺にはまだPROCASTERのインプレはできません。比較対象の竿を使った経験が少なすぎて。
ですが、前メイン竿だったトーナメントサーフTからの感想としては、
「凄いシャキッとしてる!曲げた戻りの反発力が凄いっ!反動が気持ちいい!」
個人的には、こっちの方がすごい好きです。投げることが面白いと改めて実感しました。
赤サーフではPE1・錘27前後・無風・糸ふけとって「頑張って」6色でしたが、6色は簡単に出るようになりました。それ以上も見えてきました。

新竿を使うと同時に、トーナメントサーフTがあれはあれで良い竿だったこともなんとなくわかりました。
使い比べてみると、竿でもかなり違うもんですね。
というわけで、正直今回は、釣果よりも新竿を楽しむ旅でした。
あ、そうはいっても他にも色々な場所を見てきたので記録つけときます。

二日目。
早朝、百川海岸に行くもフグしか釣れず、すぐに移動。
とりあえず北上し、黒井堤防に行くが笑えるぐらい混んでる。第1堤防は満員。
よって更に北上し、久しぶりの上下浜。
blog_import_56e1089c5c3e7
blog_import_56e1089c943f2
釣り人が点在してますが、ほとんどルアーマンでした。
地元の投げ師のおっちゃんと話したのですが、キスはGWぐらいからだとの事。
投げで届きそうな沖に網が入っており、カレイ狙いで25-30cmぐらいがあがっているらしい。
そのおっちゃんにアドバイスをもらって、隣の鵜の浜に。
blog_import_56e1089ccc970
blog_import_56e1089d10f38
blog_import_56e1089d48fec
ここはテトラの間が潮流で深く、深部に上下浜よりちょっと早くキスがくるらしい。
上下浜に比べて人影もまばらで、ゆったりとできて気持ちいい。背後の丘の景色もなんかいいですね。
俺は当然(笑)釣れなかったのですが、隣にいた親子が25cmぐらいのカレイをちょい投げで釣ってました。
ちくしょう、いいなぁ・・・

その後は俺もカレイ狙いで姫川港まで南下してみましたが、どのポイントも人でいっぱい。
再度北上し、いつもはサーファーがいる百川海岸の東側が空いていたので、チャレンジするも全く釣れない・・・
blog_import_56e1089d82408
流れ込みもあって、イイポイントだと思ったんだけどなぁ。
ちなみにこの流れ込み、ずーーっと、ベイトがわきまくってました。
ルアー持ってたら試してみたかった。
結局ここでも日が暮れるまで投げ練してました。
blog_import_56e1089dba781
最後は棚ぼた狙って弓角付けてました。

なんか、ハシャギすぎた夏場のような疲れが漂ってきたところで限界、納竿です。
車中泊にて5時起き、18時まで。昼食も移動中にマック。
ここまで頑張って坊主って・・・・まぁ、すげぇ楽しかったですけど。

Comments list
  1. B・Y より:

    お疲れさまでした~。1匹でも釣れればまた元気も出るんですけどね。疲労感お察しします(笑)

    親不知漁港の工事は終わったのですか。でも堤防は立ち入れなくなってしまったんですね(残念!)

  2. noborders3 より:

    B・Yさんこんばんわ。

    そうなんですよね、疲労感が半端ないです^^;
    今も筋肉痛が続いてますw

    親不知の堤防は高い外壁になった影響もありますが、長い工事により釣り人も遠のいてますね。厳密には足場的には沖側の高い堤防から内湾や真横(漁港の船道)方向に釣りできないこともないですが、そこまでするうまみもないかと。
    まぁ、そもそも立入り禁止ですし、まだ多少の整備工事はやっているのようなので関係者に迷惑かけないように回避が吉かと。

コメントする