Menu
noborders3.com
noborders3.com

信州からの投げ釣り

2009/11/22

姫川周辺でカレイ狙い

海まで2時間半。
朝3時の信州は、透き通った冬空に満天の星が広がる。
オリオン座がハッキリと見えるようになってきました。さぁ、カレイの季節だ。

6時、冬のカレイに定評がある姫川港東堤に到着。
先人は既におり、続々と人が集まってきます。
前にもふれたけど、この堤防、波子際にテトラが入ってしまい釣りやすい場所の競争が激しくなりました。日本海で隣の人との間隔が2mとかないわぁ、まったりとした時間を過ごせる場所じゃなくなってるなぁ・・・
まぁ、せっかくなので釣りはじめてみる。
blog_import_56e1085a4e395
風も弱く、朝焼けがきれい。・・久しぶりだなぁ天候に恵まれるの。
8:00ぐらい。投げ入れた直後に「ビリビリっ」っと確かなアタリ!
あまりにもハッキリしたアタリなので「キスか?」と思ったが、リールを巻くとズシリと重い!
きました?久しぶりのこの感触!
24cmと小振りながらも丸まるとしたカレイをゲットしました!
その後も17cmが掛かり、計2枚をゲット。
となりの投げ師の方はキス狙いで、ここは5〜6色ぐらいで年中キスが狙えるとのこと。
一瞬俺も迷いましたが、いや!!今日はカレイ狙いだっ!と続行ww
でも、混んできたので場所を移動しました。

続いてはいつもの能生の百川海岸に。
浜の東半分はサーファー祭りwが開かれていました。
blog_import_56e1085a6cec5
ここ、なんかいつも西側は釣り人、東側にサーファーと自然棲み分けされていて面白い。
が、東側の釣り人ゾーンには、人ゼロ・・・
「あぁ、きっと釣れねぇ時期なんだろうな」ってのはバカでも解りましたwww
・・・が、やりました。
風は弱く天気もいいものの、波が高い。
ここは2色ぐらいの場所に根がかりが多いので、錘が流れると釣りにならない。
でも、何が引っかかるんだろうな・・・夏泳いだら、遠浅ではないものの足下は完全な砂。砂利とかではなくて。周りの地形から予測すると、多分少し沖は岩礁が混じってるのかな。
てなわけで、さっそく力糸からロスト。
夕方前まで粘るも餌すらなくならないッ・・・ので撤収。

途中昼寝をしてまだ元気が有り余っていたため、久しぶりに浦本漁港に寄る。
この内湾ではほとんど実績ないんだけど、ピンギスはいたので越冬の居着きを狙う。カレイの噂もあるし。
釣り場で聞いたところ、ちょっと前に足下で大きなカレイが釣れたらしい。
メイン竿を投げつつも、コンパクトロットを足下に落とすと・・・木の葉カレイが釣れ、リリース。
最深の船道を狙うも、バイ貝バイ貝バイ貝・・・・ネズミゴチネズミゴチ・・・・
サビいてるのにバイ貝が釣れやがります・・・
ネズミゴチとバイ貝が20を超えたぐらいでしょうか、さすがに嫌になって納竿。
でコンパクトロットの餌を小魚で自然消化しようと足下に垂らしたら、23cmのアイナメゲットw
カレイがいることは解ったので、シーズン最盛期にもう一回来てみよっと。
ただこの漁港、小さいので思いっきり投げられないのが消化不良気味。

正直今回は坊主上等で行ったので、釣果があったことがラッキーでした。
ただ、やっぱ思うのが「この辺のカレイのアベレージ小さくない?」
大きいのもいるんでしょうが、30cmオーバー狙うなら富山の方が確立良さげな気がする。
最後に、ヒートテック暖かすぎ。もっと早くこいつと出会いたかったw

Comments list
  1. キョヌ より:

    「ほらやっぱり坊主でしょう」的なものを期待してたのに・・・

  2. noborders3 より:

    ふふふ・・・去年までの俺とは違うのだよッ!!
    経田いこーぜーーっっw

コメントする